Discography

  • TRILOGY

    公式Online Shopにて絶賛販売中!!
    3,400円(税込)

    >>Online Shop

    トリロジー

    1. ミシェル:トリロジー 1 Largo - Allegro Moderato(トリオ)
    2. ミシェル:トリロジー 2 Largo - Pochissimo andante(トリオ)
    3. ミシェル:トリロジー 3 Allegro(トリオ)
    4. デュティユー:コラール、カデンツァとフガート(清水ソロ)
    5. シューレック:トロンボーンとピアノのためのソナタ「ガブリエルの声」(スローカーソロ)
    6. メンデルスゾーン/フランソワ・キリアン編:無言歌集より I 浮き雲 作品53-2(トリオ)
    7. メンデルスゾーン/フランソワ・キリアン編:無言歌集より II 不安 作品19-5(トリオ)
    8. メンデルスゾーン/フランソワ・キリアン編:無言歌集より III 春の歌 作品62-6(トリオ)
    9. メンデルスゾーン/フランソワ・キリアン編:無言歌集より IV 狩人の歌 作品19-3(トリオ)
    10. ウェーバー:ロマンス(スローカーソロ)
    11. ジョンゲン:アリアとポロネーズ(清水ソロ)
    12. ビゼー:夜想曲 第2番 ニ長調(キリアンソロ)
    13. モーティマー:カルメン・ファンタジー(トリオ)

    「FANTASIE」に続くセカンドアルバム。
    今回は私の先生でもあるブラニミール・スローカーとの共演が実現しました。
    ピアノは「FANTASIE」と同じくフランソワ・キリアン。
    トリオだけでなく3人それぞれのソロ曲も収録しており、いろいろな角度から楽しんでもらえるCDだと思います。

  • Fantasy

    公式Online Shopにて絶賛販売中!!
    3,400円(税込)

    >>Online Shop

    ファンタジー

    1. ボザ:バラード 作品 62
    2. ピースリー:アロウズ・オブ・タイム,
    3. ピースリー:アロウズ・オブ・タイム,
    4. ピースリー:アロウズ・オブ・タイム,
    5. サン=サーンス:カヴァティーナ 作品 144
    6. シューマン:幻想小曲集, 作品 73: 1. Zart und mit Ausdruck
    7. シューマン:幻想小曲集, 作品 73: 2. Lebhaft, leicht
    8. シューマン:幻想小曲集, 作品 73: 3. Rasch und mit Feuer
    9. ヒンデミット:トロンボーン・ソナタ, 1. Allegro moderato maestoso
    10. ヒンデミット:トロンボーン・ソナタ, 2. Allegretto grazioso
    11. ヒンデミット:トロンボーン・ソナタ, 3. Lied des Raufbolds(Swashbuckler's Song)
    12. ヒンデミット:トロンボーン・ソナタ, 4. Allegro moderato maestoso
    13. ロパルツ:変ホ短調の小品
    14. ヨルゲンセン:ロマンス 作品 21

    トロンボーンソロCD第1弾!オリジナル作品に、私の大好きなシューマンの幻想小曲集を加えた力作です。
    内容はマジメでどっぷりトロンボーンだけれども、
    トロンボーンにあまり関わりのない方でも楽しんでもらえると思います。
    みなさまのおかげで、朝日新聞特選盤、レコード芸術特選盤、
    クラシックCDアワード2016第1位、CDショップ大賞受賞
    と4冠達成!!

  • リヒャルト・シュトラウス : 交響詩シリーズ 第2弾

    1. 交響詩 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 op.28 (14'33'')
    2. 交響詩 「ドン・キホーテ」 op.35 (40'41'')
    3. 交響詩 「マクベス」 op.23 (18'36'')

    我らがフランソワとのリヒャルト・シュトラウス録音第2弾です。
    私が参加したのはマクベス。シュトラウスの若き頃の作品、最初の交響詩です。

    南西ドイツ(バーデン=バーデン・フライブルク)の録音チームは実はとても優秀で、2013年ドイツレコード賞を受賞しており、演奏もさることながら「録音」としてのクオリティも誇れる一枚です。

  • リヒャルト・シュトラウス : 交響詩 「英雄の生涯」 「死と浄化」

    1. 交響詩 「英雄の生涯」 op.40 (44'42'')
    2. 交響詩 「死と浄化」 op.24 (24'02'')

    私の入団の1年前、2011/12年のシーズンより音楽監督に就任したフランソワ=クサヴィエ・ロトはリヒャルト・シュトラウスの録音に積極的に取り組んでいます。

    2012年11月7日と8日の2日間に亘り、フライブルクのコンツェルトハウスでレコーディングが行われましたが、2日目は朝の9:15から戦場のシーンで、寝ぼけ眼状態からいきなりクライマックスでした。(笑)
    ブラスセクション、いつも通り元気♪ トロンボーン1,2番はなんと2人とも女子です。

    この期間、実は私の試用期間中で、この英雄の生涯はベルクの3つの管弦楽曲(トロンボーンがハイE♭で始まる曲)とのカップリングでツアー4公演があったので、ベルクで緊張カチコチだった私には英雄の生涯が天国に思えました。(ほっ)

  • 交響曲第9番 デニス・ラッセル・デイヴィス&リンツ・ブルックナー管弦楽団

    1. Glass: Symphony No. 9: Movement I
    2. Movement II
    3. Movement III

    2012年1月1日にデニス・ラッセル・ディヴィス指揮、リンツ・ブルックナー管弦楽団で世界初演された、フィリップグラスの交響曲第9番。
    グラスの75歳の誕生日に合わせて発売を開始、なんと全米iTuneクラシックチャートで第1位を記録。

  • 奇蹟のニューヨーク・ライヴIII ブリテン:戦争レクイエム

    1. 戦争レクイエム 作品66 永遠の安息 主よ、永遠の安息を彼らに与え給え
    2. 戦争レクイエム 作品66 永遠の安息 家畜のように死んでゆく兵士たちに
    3. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 その日こそ怒りの日である
    4. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 夕べの大気を悲しげに
    5. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 そのとき、この世を裁く
    6. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 戦場で、ぼくたちはごく親しげに
    7. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 慈悲深いイエスよ
    8. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 汝の長く黒い腕が
    9. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 怒りの日
    10. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 罪ある人が裁かれるために
    11. 戦争レクイエム 作品66 怒りの日 彼を動かせ
    12. 戦争レクイエム 作品66 奉献文 栄光の王、主イエス・キリストよ
    13. 戦争レクイエム 作品66 奉献文 かくて、アブラハムは立ちあがり
    14. 戦争レクイエム 作品66 聖なるかな 聖なるかな、聖なるかな
    15. 戦争レクイエム 作品66 聖なるかな 東方から一筋のいなずまが
    16. 戦争レクイエム 作品66 神の小羊 かりそめにも爆撃された
    17. 戦争レクイエム 作品66 われを解き放ち給え 主よ、かの恐ろしき日に
    18. 戦争レクイエム 作品66 われを解き放ち給え ぼくは戦闘から脱出して
    19. 戦争レクイエム 作品66 われを解き放ち給え さあ、もう眠ろうよ

    奇跡のニューヨーク・ライヴシリーズ最終夜。2010年12月18日、極寒のニューヨークの中、1時間半の熱い演奏会が繰り広げられました。
    クライマックスのサウンドは鳥肌ものです。

  • 奇跡のニューヨーク・ライヴII ベルリオーズ:幻想交響曲

    1. 幻想交響曲 作品14 第1楽章:夢、情熱
    2. 幻想交響曲 作品14 第2楽章:舞踏会
    3. 幻想交響曲 作品14 第3楽章:田園の情景
    4. 幻想交響曲 作品14 第4楽章:刑場の行進
    5. 幻想交響曲 作品14 第5楽章:魔女の祝日の夜の夢

    カーネギー2夜目。前日の神々しいブラームスとは一転、元気いっぱい世俗的な音楽を演奏しました。
    4,5楽章の金管サウンドは一人一人が最大限に重厚なサウンドを出した賜物。
    チューバのお二人が休憩の度に合わせていたDies iraeがホールに響き渡っていたのが印象強いです。
    なかなかこんなにインテンシブなものは他では聞けないのでは。

  • 奇蹟のニューヨーク・ライヴ ブラームス:交響曲第1番 [Limited Edition]

    1. 交響曲 第1番ハ短調 作品68 第1楽章:UN POCO SOSTENUTO - ALLEGRO
    2. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第2楽章:ANDANTE SOSTENUTO
    3. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第3楽章:UN POCO ALLEGRETTO E GRAZIOSO
    4. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第4楽章:ADAGIO - PIU ANDANTE - ALLEGRO NON TROPPO, MA CON BRIO

    2010年12月14日、まさに奇跡のニューヨーク・ライヴと呼ぶのに相応しい一夜でした。
    食道がんから復帰、困難の道を乗り越えた小澤さんのブラームス1番。満席のカーネギーホール。
    小澤さんの指揮は何か今までの人生の集大成の様な神がかったものがありました。
    私の人生の中で、演奏後に感極まることがあった、数少ない演奏会のうちの一つです。